水道の水漏れを修理する方法と注意点

水漏れに気づいたら、水道 修理の前に、応急処置をとる必要があります。水が漏れている場所がはっきりしている場合には、水漏れ箇所の止水栓を閉めましょう。止水栓の場所がわからないときや、原因箇所が特定できないときは、元栓を閉めるのもよい方法です。水漏れは自然に直るということはなく、放置すればひどくなるのはもちろん、二次被害の可能性もあります。迅速かつ適切に水道 修理を行うことが大切です。

■自分で修理できるかどうかの判断基準

水漏れの原因箇所が特定できない場合には、自分で修理することはできません。原因調査も含めて業者へ依頼することになります。水漏れの原因が特定できる場合には、自分で修理できる可能性もあります。業者に依頼するかどうかは、水漏れの場所や部品が入手できるかどうか、必要な道具が揃っているか、作業の難易度などによって、総合的に判断するのがポイントです。
水漏れの量も重要な判断材料のひとつです。少量の場合には自分でトライしてみるのもよいでしょう。大量に水が噴き出している場合には、止水栓か元栓を閉め、すぐに業者へ連絡すべきです。水量が多すぎて水が漏れている場合には、止水栓を調節するだけで解決できることもあります。接続部分から水が漏れている場合には、ナットを締めて直ればOKです。
コマやパッキンなど部品の交換が必要な場合も、単水栓など部品が入手しやすい蛇口の場合には、自分で修理をすることができます。ただし、部品が劣化しているときは本体の寿命も近づいているため、余裕があれば本体の交換も検討してみましょう。

■業者選びのポイントと依頼する際の注意点

水道 修理が必要なとき、信頼できる業者の心当たりがあれば問題ありませんが、そうでない場合には業者を探す必要があります。業者選びで最も重視すべきなのは実績です。まず最初にホームページなどで所在地や創業年数、実績などを確認します。
水道 修理は症状によって料金が違ってくるため、現場を見てみないとわからないことも多いものです。無料で見積もりを行っている業者なら安心感があります。
スタッフの対応も判断材料の一つです。内容や料金に納得した上で依頼することが重要なポイントになります。

■まとめ
自分で修理をはじめたものの途中で手に負えなくなった場合には、すぐに作業を中断し、プロの判断をあおぎましょう。水漏れは部品を交換しても再発するケースもあります。日頃から信頼できる業者探しを心がけておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ