修理するためには水漏れ場所の特定が必要

水道の水が漏れている疑いがあるとき、蛇口や配管の接続部分から水が漏れているケースなどひと目でわかる場合を除いて、まず最初に本当に水漏れなのかどうかを確認しなければなりません。水が漏れていることがはっきりしたら、修理をするために、どこから漏れているのか原因箇所を特定する必要があります。

■水漏れかどうかを確認する方法

水道から水が漏れているかどうかは、水道メーターで判断できます。キッチンや洗面所はもちろん、洗濯機の給水栓などすべての蛇口を閉め、水道水をまったく使っていない状態で水道メーターが動いていれば水漏れです。
水道メーターは検針員が作業しやすいよう敷地内の外にあり、マンションでは多くの場合、玄関を出たところにあるメーターボックスの中に設置されています。戸建て住宅では玄関近くの床面や壁面に設置されることが一般的です。
水道メーターには水道の使用量を確認するメーター指針と10リットル、1リットル目盛りがあり、中央部分にパイロットと呼ばれる目盛りの無いマークがあります。水漏れの判断に使うのは、このパイロットマークです。水を使っていない状態でパイロットが動いていれば、水道の水が漏れている可能性が高くなります。

■水漏れの場所を特定する方法
水が漏れている場所の特定には、目視のほか、止水栓を使う方法があります。止水栓とは、一時的に水を止めたり水量を調節するための水栓で、キッチンや洗面台など給水器具ごとに通常の蛇口とは別につけられているものです。止水栓はハンドルタイプとドライバーで回すタイプがあり、いずれも右に回すと閉まります。止水栓を閉めればその先には水が届かなくなるため水漏れは止まり、パイロットは動かなくなります。お風呂場の止水栓を閉めても動いていたパイロットが、トイレの止水栓を閉めたら動かなくなったという場合、トイレで水漏れが起きていると判断できるわけです。

■場所がわからない時の対処法

止水栓を止める方法で原因箇所が特定できない場合は、床下や埋設部分の配管などからの水漏れが考えられます。床下収納を外して床下の状態をチェックしたり、庭土や家の基礎部分が湿っていないかどうか確認してみましょう。調べてもわからないときは、水道修理の業者に調査してもらうのが確実です。



■まとめ
水漏れ修理はパッキン交換やナットの緩みを閉めるなど自分でも簡単にできるものから、漏水調査や蛇口 交換などプロに頼んだ方がよいものまでさまざまです。手に負えないと感じたら、早急に業者探しを始めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ